FPV FREESTYLE TRICKS 03 マーティフリップ

トリックシリーズの第三回目。
最後のマーティフリップはかなり迷ったのですが、見方によっては結構テクニックとして近いかなと言うことでまとめました。
スプリット-S(ターン)はもともと航空機の技ということで、FPVフリースタイルでもすごく有名なトリックです。

動画 37秒~

  • SPLIT-S
    スプリット-S(ターン)

操作自体は割とシンプルで、なかなか見栄えもし、さらに対象物のサイズや位置関係のタイミングをいろいろ工夫すると奥深いトリックです。
フリップやヨー・スピンを練習してまぁまぁ出来てきた位で、ちょっと背伸びして挑戦したトリックはスプリット-Sという方も多いのではないでしょうか。

やり方としては、直進し対象物と程よい距離感になったところでハーフ・ロール・フリップし、緩やかに下降しながら対象物を超えつつ、ピッチ・アップで機首を起こしつつスロットルを上げて対象物の下側を通り抜けます。
ハーフ・ロール・フリップを素早くかける方法と、緩やかにかける方法どちらもあり、映像としてちょっと違った感じになるので使い分けるのも面白いと思います。
素早くハーフ・ロール・フリップして背面状態で対象物を越えていくのもいい感じですし、その場合、うまくやれば、さらに追加でピッチ方向へ360°フリップを加えたりしてより複雑なコンビネーションも楽しめます。
緩やかにかけるなら、滑らかにフリップしていく映像が楽しめますし、ロール・フリップ中に先行してピッチ・アップを緩やかに混ぜるとそれはそれで面白い見え方になりますね。
また、侵入する際のスピードやロール・フリップ前に上昇して対象物を越える軌道をとるかシンプルに直進する軌道をとるか。
ロール・フリップの際にクロスコーディネートで回すか、シンプルにロール軸だけで回すか。
ちょっとした工夫で見え方や、フリップ後の軌道が変わってくるので、色々試してみると面白いと思います。
ロール・フリップの後、ピッチ・アップをかけつつスロットルを上げて行くのですが、このスロットルをしっかりかけてあげることで斜め下方に進む軌道になります。垂直に下降するとプロップウォッシュが出やすいので(動画でもプロップウォッシュが出ていますが)、慣れて来たらスロットルの回復を意識すると全体として綺麗になるかなと思います。

 

動画 2分15秒~

  • REVERSE SPLIT-S
    リバース・スプリット-S

スプリット-Sの軌道をそのままリバースするとインメルマンと呼ばれるトリックに近い形になってしまうのですが、リバース・スプリット-Sはスプリット-Sの最後のピッチ・アップで機首を起こすところをピッチ・ダウンにして、機首を下げ、機尾を起こす形にするトリックです。
リバース・スプリット-Sの場合、基本的にはロール・フリップの際にクロス・コーディネートで水平を保つように回り、対象物を見ながら対象物の下を潜り抜ける形をとると映像として綺麗です。
上に何も無いところでやると非常に寂しいですが、それでもふとした瞬間に入れるとちょっと全体の中で変化を演出できる場合があり、シンプルな割には見栄えのするトリックかなと思います。
最後、機体はバックする形になるのですが、スロットルを上げた状態を保ち過ぎるとそのまま上昇していく形になるかと思います。そのまま低く高度を保ってしっかりバックすればBACKWARDS(バックワーズ) というトリックに移行しますが、これはなかなか難しく、うまく決まるとさぞ綺麗だと思います!

 

動画 3分38秒〜

  • MATTYFLIP
    マーティフリップ

MattyStuntz氏の開発したトリック、その名もマーティフリップです。
MattyStuntz氏は独特の機体セッティングなども含めて、最近ではMIND-BENDINGスタイルなどと名付けられた独自のスタイルで知られているようですね。
MIND-BENDINGスタイルは、ちょっとやそっとでは真似できない非常に個性的なセッティングで、びっくりするようなフライトを見せてくれるのですが、このマーティフリップは一般的なフリースタイルのセッティングでもトライできるトリックです。
トリックの全体象としては鉄棒の前転をイメージして頂くのが一番手っ取り早いかなと思うのですが、対象物の上を通り越す際にピッチ・ダウンで対象物を見ながら、背面状態になり、ここからは先ほどのリバース・スプリット-Sと同じ要領でバックします。
リバース・スプリット-Sは進入した方向のまま進むので、助走の勢いを行かせますが、マーティフリップはターンするので勢いを一旦殺してバックする必要があるので、スロットル操作はその分を考慮する必要があります。
とにかくスロットル操作が鍵で、自分の機体のFPVカメラの角度でどのくらいの視野の時にどれくらいスロットルを上げるか、ということを覚えるのが上達への近道かなと。
また、使用しているモーターやプロペラの瞬発力や性格によっても踏ん張り方が変わってきますので、とにかく同じセッティングで慣れて行くしか無いかなと思います。
これは結構流れの中でうまく決まると「おおー」という感じの個性的な技ですので、頑張って練習する価値があるかなと思います。

 

<出典>

Joshua Bardwell
How To 10 FPV Freestyle Tricks | LEARN THESE FIRST
https://www.youtube.com/watch?v=CyhEUMpFoyA&list=PLwoDb7WF6c8mT1TB0iKaiUWRUVoT0Kk8O

Rotor Riot
Split-S with Skitzo - Trick Series
https://www.youtube.com/watch?v=t561TF9s9xk&list=PLXKJ80BTT1lb_kGy8HIkMx2hVgZA-VbKP&index=15&t=0s

Mattyflip with MattyStuntz - Trick Series
https://www.youtube.com/watch?v=Twcj_8k_-vk&list=PLXKJ80BTT1lb_kGy8HIkMx2hVgZA-VbKP&index=7

Le Drib
how to Split S
https://www.youtube.com/watch?v=7U39hW0I4Ak&t=494s

how to REVERSE SPLIT-S
https://www.youtube.com/watch?v=_x5fRI0zPs8&t=400s

 

はじめてのトリックに挑戦する際は、シミュレーターで操作のタイミングや見える景色などイメージを作ってから実機でトライするのがオススメです。

Tricks

JACK によるブログ

DAYSCAPE ( DIYドローン オンラインショップ ) では、FPVドローン、産業開発ドローンの分野に関する商品の紹介やドローンの組み立て、使用方法などの情報発信を行っています。

ピックアップ

Holybro X500 V2 フレームキットHolybro X500 V2 フレームキット
HOLYBRO Holybro X500 V2 フレームキット
販売価格$123.00
Sold out
Holybro Pixhawk 6C MiniHolybro Pixhawk 6C Mini
HOLYBRO Holybro Pixhawk 6C Mini
販売価格$237.00
在庫あり