MATEKSYS GNSS & Compass M10Q-5883


価格:
販売価格$43.00
在庫:
在庫あり (9個)

説明

  • M10Q-5883 は、u-blox SAM-M10Q-00B を搭載したマルチコンステレーション GNSS モジュールを使用しています。
  • SAM-M10Q は、u-blox M10 標準高精度 GNSS プラットフォームを備えており、すべての L1 GNSS 信号に対して優れた感度と取得時間を提供します。 SAM-M10Q は、4つのGNSS (GPS、GLONASS、Galileo、および BeiDou) の同時受信に対応しています。可視衛星の数が多いため、受信機は最適な信号を選択できます。これにより、特に都市部の深い峡谷などの困難な条件下で、ポジションの利用可能性が最大化されます。 u-blox Super-S (Super-Signal) テクノロジーは優れたRF感度を提供し、見通し範囲以外のシナリオでの動的位置精度を向上させることができます。
  • 高ゲイン 15x15mm 2パッチアンテナは、性能と小型サイズの最適なバランスを実現します。全方向性アンテナの放射パターンにより、デバイスの設置の柔軟性が向上します。
  • SAM-M10Q の詳細については、u-blox SAM-M10Q ページをご覧ください。

    仕様

    • GNSS u-blox SAM-M10Q-00B (GPS, GLONASS, Galileo and BeiDou)
    • 磁気コンパス QMC5883L
    • パッチアンテナ 15x15x4mm
    • 入力電圧範囲: 4-9V (5V pad/pin)
    • 消費電力: 13mA
    • UARTボーレート: 9600 デフォルト
    • 動作温度: -20~80°C
    • UART(TX, RX) interface for GNSS SAM-M10Q-00B
    • I2C(DA, CL) interface for Compass QMC5883L
    • JST-GH-6P connector (SM06B-GHS-TB). 1.27mm pitch
    • GNSS PPS LED, Green. (Solid ON after powering on,  blinking(1Hz) when GNSS get 3D fix)
    • 寸法: 20x20x12.4mm
    • 重量: 8g
    • M10Q-5883_step.zip
      ※ 上記のURLが無効の場合はメーカー公式ページでご確認ください。

      パッケージ内容

      • 1x MATEKSYS GNSS & Compass M10Q-5883
      • 1x JST-GH-6P to JST-GH-6P 20cm シリコンワイヤ

      配線と設定

      • M10Q-5883  5V to Flight controller 4~9V
      • M10Q-5883  RX to Flight controller UART_TX
      • M10Q-5883  TX to Flight controller UART_RX
      • M10Q-5883  CL to Flight controller I2C_SCL
      • M10Q-5883  DA to Flight controller I2C_SDA
      • M10Q-5883  G  to Flight controller GND

      ヒントとメモ

      コンパスの調整 (平らに取り付ける): 磁力計を傾けないことを強くお勧めします!
      • INAV/BetaFlight: コンパスの矢印を前方に向け、CWに設定します。フライトコントローラーの矢印が前方を向いている場合は 270° 反転します。
      • INAV/BetaFlight: コンパスの矢印を後方に向け、 CWに設定します。フライトコントローラーの矢印が前方を向いている場合は 90° 反転します。
      • Ardupilot/Mission Planner: ローテーションなし。

      コンパス/磁力計は電線/ESC/モーター/鉄系材料から10cm離してください。

      --

      • INAV 5.0.0, Betaflight 4.3.0,  ArduPilot 4.3 以降が必要です。
      • UBlox NEO-M9N、MAX-M10S、SAM-M10Q シリーズにはすべてデータフラッシュが組み込まれていません。GNSSの電源がオフになり、スーパーキャパシタが使い果たされると。 設定はデフォルトに戻ります。
      • UBX プロトコルは双方向です。フライトコントローラーのファームウェアは、UBX ロトコル経由で GPS の設定を変更できます。u-center でGNSSモジュールのパラメーターを設定する必要はありません。
      • ublox FW 5.1 を搭載した SAM-M10Q のデフォルト設定は、QZSS と SBAS が有効になっている GPS、Galileo、GLONASS、および BeiDou B1C の同時受信です。
      • u-blox GNSS FW3.01 以降、タイムパルスはUTC時間に合わせられ、その時間はうるう秒がダウンロードされた後にのみ有効に設定されます。これには最大 12.5 分かかる場合があります。おそらく、GPSが3D修正された直後には PPS LED は点滅しません。
      • M10Q-5883 は受信機をリセットする機能を提供します。「RST」パッドを少なくとも100ミリ秒間グランドにブリッジすると、コールドスタートがトリガーされます。RESET はすべての情報を削除し、コールドスタートをトリガーします。これは回復オプションとしてのみ使用してください。配線とセットアップが正しく行われていることを確認したにもかかわらず、フライトコントローラーがGNSSモジュール (灰色の GPS アイコン) を検出できない場合、リセットしてみてください。
      • セラミックアンテナの傷は、アンテナの調整によって生じたものです。
      • GPS 関連の問題のトラブルシューティング: http://www.mateksys.com/?p=5712#tab-id-6
      • u-center Windows
      • *** M10Q-5883 PCB の最初のバッチの SKUシルクプリントは "M10-5883" です。

      こちらもおすすめ

      最近チェックした商品