MATEKSYS ExpressLRS 2.4GHz Receiver - ELRS R24 D


価格:
販売価格$22.00
在庫:
在庫あり (10個)

説明

MATEKSYS ELRS R24 D レシーバは、22.5dbm Telemetry Powerと2つの IPEX MHF1 アンテナを備えた 2.4GHz ExpressLRS ダイバーシティレシーバです。

    仕様

    • ESP8285, SX1280/1281IMLTRT
    • PA/LNA: SE2431L
    • アンテナコネクタ: IPEX MHF 1
    • RF 周波数: 2.4GHz (2400~2480MHz)
    • テレメトリパワー: 22.5dbm~23dbm
    • SE2431L RX_gain: 12.5dB
    • Diversity (antenna-switching), default ANT2
    • レシーバプロトコル: CRSF
    • 入力電圧: 4~9V DC @ 5V pad
    • 消費電力:  40~45mA(before binding), 70~75mA(binding), 90~95mA(wifi mode)
    • PCB サイズ: 21mm x 15mm
    • 重量: 3g w/ 2x antennas

    ファームウエア

    • ExpressLRS 1.x & 2.x,  MATEK 2400 RX  enable “USE_DIVERSITY
    • ExpressLRS 3.x or newer, MATEK R24-D 2.4GHz RX
    • Firmware update via UART or WIFI

    Quick Start and Tips

    • “ELRS 2.4Ghz受信機は、任意のメーカーのELRS 2.4Ghz TXモジュール、さらにはDIYモジュールで動作します。これは、同じバインディングフレーズとコンフィギュレーションオプション (Regulatory Domain, Performance Options and Extra Data) がある場合に限ります。”
    • ExpressLRSの詳細については、ExpressLRS wiki をご参照ください。
    • レシーバーには QC 用の BINDING_PHRASE がプリロードされた ExpressLRS fw があり、従来のバインド手順を使用してバインドモードに入ることはありません。
    • 従来のバインディングは推奨されません。 バインディングフレーズでフラッシュしたほうがよいでしょう。

    Wiring with FC

    • Receiver RX — FC UART_TX  for Telemetry
    • Receiver TX — FC UART_RX  for Control
    • Receiver 5V — FC 5V or 4v5
    • Receiver G — FC GND
    • Receiver protocol: Serial-based receiver – CRSF

    従来のバインディング

    • Receivers have ExpressLRS fw preloaded without BINDING_PHRASE
    1. 受信機の電源を3回オン/オフします。
    2. LEDがすばやく2回点滅していることを確認します。これは、受信機がバインドモードであることを示します。
    3. バインディングパルスを送信するTransmitter Luaスクリプトの [BIND] ボタンを使用します。
    4. 受信側はバインディングパルスを受信すると、低速点滅に切り替わります。
    5. 電源を切り、受信機の電源を再度入れます。受信機のLEDが低速点滅から点灯に切り替わると、送信機に接続されます。

    重要:RXファームウェアにバインドフレーズがある場合、RXは上記の手順ではバインドモードに入りません。従来のバインディング行うためには、バインディングフレーズなしでフラッシュしなければならない。

    Flashing with ESP_NodeMCU-PyFlasher

    1. 受信機をUSB-TTLモジュールに接続します。(RX-TX, TX-RX, 5V-5V, G-GND)
    2. 起動ボタンを押したまま、USBをPCに接続します。
    3. ESP_NodeMCU-PyFlasher を開きます。
    4. USB-TTLモジュールのシリアルポートを選択し、ファームウェアを読み込み、 Dual Output(DOUT)”  and “Yes.wipes all data“ を選択します。
    5. Flash NodeMCU“ をクリックします。
    6. 点滅後、受信機の電源をオフにして電源をオンにすると、受信機はバインディングモードになります (クイックダブル点滅) 。

    Flashing with ELRS configurator

    • レシーバーを USB-TTL アダプターに配線し、レシーバーのTXをUSB-TTLのRxに接続し、レシーバーのRXをUSB-TTLのTxに接続します。USB-TTLの5VとGNDをレシーバーの5VとGNDに配線します。RXの電源を入れているときにブートボタンを押して放します。LED が点灯します。
    • ターゲットのMATEK R24-D 2.4GHz RX (ELRS-R24-Dの場合) / MATEK R24-S 2.4GHz RX (ELRS-R24-Sの場合) および点滅方法として  UARTを選択し、バインドフレーズとファームウェアオプションを設定します。 erase before flash Force FLash“ にチェックを入れ、完了したら Flash をクリックします。

    トラブルシューティング

    • ファームウェアがプリロードされている場合、受信機を WIFI または BF パススルー経由でフラッシュできない場合。 UART経由でフラッシュすることで回復できます。

      パッケージ内容

      • 1x ELRS-R24-D
      • 2x IPEX MHF1 Antennas

        こちらもおすすめ

        最近チェックした商品