MATEKSYS F405-STD Flight Controller

21%セーブ

価格:
販売価格$26.00 通常価格$33.00
在庫:
残り1個

説明

Matek F405-STD フライトコントローラーは、STM32F405, ICM20602, BMP280, BFOSD, SD Card Slot, VCP+5x UARTs, 6x PWM / DShot outputsが装備されています。

SPIを介して接続されたICM20602ジャイロから32KサンプリングをサポートするF4 FCです。必要なすべてのデータを記録するSDカードスロットがあります。Betaflightとの連携に加えて、このフライトコントローラーはiNavとも互換性があります。

Matek FCHUB-6S PDBとペアリングして、6s互換のスタックを実現します。

【Barometer】
新しいバッチでは、BMP280を高精度・低ノイズバロメーターDPS310へ置き換えています。
Betaflightでフラッシュした後にフライトコントローラの気圧計がデフォルトで機能しない場合は、こちら(ファームウェア)をクリックして、カスタマイズされたBetaflight 4.2.xとヒントを確認してください。
ArduPilotファームウェアでは、オンボードのDPS310を外部気圧計として使用し、GND_EXT_BUS ->0,   GND_PROBE_EXT ->64, と設定し、F405-STDを保存して再起動します。

FLIGHT CONTROLLER F405-STD

特徴

  • 3x LEDs for FC STATUS (Blue, Red) and 3.3V indicator(Red)
  • 6x PWM / DShot outputs without conflict
  • 2x 2812LED outputs option
  • 5x UARTs
  • 1x Group of 5V/G/S1/S2/S3/S4 pads for 4in1 ESC Signal/GND
  • 4x pairs of corner pads for ESC Signal/GND connections (DSHOT compatible)
  • 1x pair I2C1 pads
  • 1x Side-press button for BOOT(DFU) mode
  • 1x 16pin bottom mounted FFC Slot for FCHUB-6S, FCHUB-VTX or FCHUB-W connection
  • 36x36mm PCB with 30.5mm 取付け穴

仕様

  • MCU: 168MHz STM32F405RGT6
  • IMU: 32K ICM20602 gyro/accelerometer (SPI)
  • Baro: BMP280 (I2C)
  • OSD: BetaFlight OSD w/ AT7456E chip
  • Blackbox: MicroSD card slot (SD/SDHC)
  • VCP, UART1, UART2, UART3, UART4, UART5
  • Built in inverter for SBUS input (UART2-RX)
  • PPM/UART Shared: UART2-RX
  • SoftSerial on TX2, S5 or S6 optional
  • Camera control on S6 or DAC optional
  • SmartAudio & Tramp VTX protocol supported
  • バッテリー電圧センサー: 1:10
  • 電流センサー: No (FCHUB-6S, FCHUB-VTX, FCHUB-W option)
  • BEC 5V: No (FCHUB-6S, FCHUB-VTX, FCHUB-W option)
  • LDO 3.3V: Max.300mA
  • I2C1 SDA & SCL: Yes
  • WS2812 Led Strip : Yes
  • ビープ音 : Yes
  • RSSI: Yes

パッケージ内容

  • F405-STD Flight Controller
  • w/ 2x 0.5mm*16Pin 5cm Flexible Flat Cable
  • w/ 4pcs M3 Anti-vibration Standoffs

BF Wiring

ヒント:プラスチック製のロックバーは、破損しないように注意して引き出してください。

BF Pins の定義

 Pad/Hole PIN TIM Resource option
PPM PA3 TIM5_CH4
S1 PC6 TIM3_CH1
S2 PC7 TIM8_CH2
S3 PC8 TIM8_CH3

S4

PC9 TIM8_CH4

 S5

PA15 TIM2_CH1 serial_tx 11, camera_control
S6 PA8 TIM1_CH1 serial_tx 11, camera_control
2812 LED Strip PB6 TIM4_CH1
S7 PB8 TIM4_CH3 LED_STRIP
TX4 PA0 TIM5_CH1 serial_tx 12
RX4 PA1 TIM5_CH2 serial_rx 12
TX2 PA2 TIM9_CH1 serial_tx 11
DAC PA4 no function
  • S5 (PA15) , S6(PA8) or TX2 (PA2) can be resourced to softserial for Frsky SmartPort
  • 2812LED_Strip share I2C1_SCL pad as default.  either enable LED_Strip, or enable Baro.
  • 2812LED can be resourced to S7 (PB8) if using Baro the same time with BF firmware
  • S5 (PA15)  or S6 pad (PA8) can be resourced to Camera Control

CLI command

  • resource motor 5 none
  • resource serial_tx 11 A15
  • resource motor 6 none
  • resource camera_control A08
  • resource motor 7 none
  • resource led_strip 1 B08
  • save

INAV Wiring

FLIGHT CONTROLLER F405-STD

INAV Pins の定義

 Pad/Hole Pin Inav INav INav INav INav
Tricopter Quad X Hex X Flying Wing Airplane
PPM/RX2 PA3
S1 PC6 servo motor motor motor motor
S2 PC7 motor motor motor servo servo
S3 PC8 motor motor motor servo servo
S4 PC9 motor motor motor servo
S5 PA15 2812LED 2812LED motor 2812LED 2812LED
S6 PA8 motor servo
LED PB6 / / / / /
S7 PB8 motor motor
SDA/SCL Mag/Baro Mag/Baro Mag/Baro Mag/Baro Mag/Baro

ArduPilot

ArduPilot WIKI

Threads related

Firmware

PWM outputs

  • S1  PWM1  TIM3
  • S2  PWM2  TIM8
  • S3  PWM3  TIM8
  • S4  PWM4  TIM8
  • S5  PWM5  TIM2
  • S6  PWM6  TIM1
  • Motor can’t share same TIM with servo.

Default UART order

  • SERIAL0 = console = USB
  • SERIAL1 = Telemetry1 = USART3
  • SERIAL2 = Telemetry2 = UART4
  • SERIAL3 = GPS1 = USART1
  • SERIAL4 = GPS2 = UART5

ADC

  • BATT_VOLT_PIN    15
  • BATT_VOLT_MULT     11.0
  • BATT_CURR_PIN     14
  • BATT_AMP_PERVLT     56   (F405-CTR/FCHUB-6S)
  • BATT_MONITOR      4
  • RSSI_ANA_PIN    9

Frsky Smartport Telemetry

  • non-inverted (hacked) S.Port signal
  • TX4 pad
  • SERIAL2_BAUD    57
  • SERIAL2_OPTIONS    7
  • SERIAL2_PROTOCOL     4

ヒント

  • 再フラッシュ後のCLI 「デフォルト」
  • 振動の問題を回避するには、ゴム製の防振スタンドオフが必要です。
  • 気圧計の上にスポンジを置いて、気流の影響を少なくします。
  • 5V VTXを使用している場合は、FCHUBの5Vパッドを介してVTXに電源を供給します。リボンケーブルは大電流に耐えられません。
  • BF/2812 LED_Stripは、デフォルトでI2C1_SCLパッドを共有します。LED_Stripを有効にするか、Baroを有効にします。
  • BF/2812 LEDは、BFファームウェアと同時にBaroを使用する場合、S7 (PB8) にリソースを割り当てることができます。
  • 2.0.1以降、CPUベースのシリアルポートが有効になっている場合、INAV/Softserial_TX1はTX4パッド上にあり、Softserial_TX2はTX2パッド上にあります。

こちらもおすすめ

最近チェックした商品