ImpulseRC ApexLR 7" フレームキット


価格:
販売価格$91.00 通常価格$101.00
在庫:
在庫あり (4個)

説明

ApexLR 7インチフレームは、長距離エクスプロレーションおよびビデオグラフィに最適です。

Tension Braces

プロペラのサイズが大きくなると長いアームが必要になり、振動の問題が発生し、飛行性能とビデオの安定性に悪影響を及ぼします。ApexLR は、アーム間に独自のテンションブレース設計を採用し、剛性を高めアセンブリの共振周波数をシフトします。
このようにアームにプリロードすることで、7インチのプロペラに5.5mm厚のアームを使用しながら、振動を扱いやすいレベルに保つことができます。このアプローチは、同等の8mm厚のアームと比較して、カーボンの重量だけで20g節約できます。

ApexLR は古典的な「dead cat」フレームを変形したもので、フロントとリアのモーターの位置を合わせ、モーターレイアウトで非常に愛されているcompressed-x ジオメトリを維持できるように変更しました。
これによりフレームのバランスが保たれ、飛行特性が損なわれることはありません。これは、リア モーターをボディに近づけてハンドリングに深刻な影響を与える従来の「dead cat」デザインとは異なります。

Caddx Vista アイソレーション

Caddx Vista システムの主な欠点は、ユニットの本体がアースされることです。これにより、導電性カーボンファイバープレートおよびフレームハードウェアもアースされる可能性があります。理想的な世界ではこれは必ずしも問題ではありませんが、現実の世界ではそれは起こるべくして起こったアクシデントです。

Vistaに必要なM2取り付けハードウェアに加えて、ダイカットマイラー絶縁体と、非導電性POMからカスタム加工された「コーンリベット」が含まれています。

Caddx VistaとM2ハードウェアを取り付けると、フレームから電気的に絶縁されます。このソリューションは、かさばる重い3Dプリントを使用した他のデザインと比較して、わずか0.5gの重量を追加するだけです。 

DJI HD カメラ アイソレーション

Caddx Vistaと同様に、一部のDJI HDカメラもフレームにアースされる可能性があり、同様の不幸な結果を招きます。

ApexDCには新しくデザインされたHDカメラプレートと3Dプリントされた断熱インサートが含まれています。これにより、カメラはしっかりと固定され、振動を抑えながらフレームから電気的に絶縁されます。

アンテナマウント

すべてのキットには、Caddx Vistaまたはその他同様のアンテナ用3Dプリントアンテナマウントが含まれています。

パッケージ内容

ApexLR キットコンテンツ

  • カーボンファイバーフレーム部品
  • ハードウェアとスタンドオフ
  • Mylar および POM Vista アイソレーションパーツ
  • Vista アンテナマウント
  • 射出成形スキッド&バンパー
  • 射出成形ワイヤーカバー
  • ゴムおよびマジックテープのバッテリーパッド
  • ダイヤモンドヤスリ
  • バッテリーストラップ

仕様

  • カーボンとハードウェアのドライ重量:160g

    こちらもおすすめ

    最近チェックした商品