DarwinFPV ELRS2.0 F411 15A Bluejay AIO (FC+ESC+ELRSレシーバ)


価格:
販売価格¥7,590
在庫:
Sold out

説明

Darwin AIO のバージョンアップ版になります。小型ドローンへの適用を容易にするため、ELRS 受信機を FC に統合しました。ESC は Bluejay ファームウェアを採用し、1-3S Lipo 入力に対応し、最大電流は17Aになります。FC は2組の Uarts インターフェースを提供すると同時にSBUS、Softserial、CTR、BUZZ、RGB などの様々な外部デバイスインターフェースを提供し、F411 Uarts の数が不十分という問題を解決しました。

ELRS2.0 F411 15A Bluejay AIO の仕様

  • FC MCU: STM32F411CEU6 (100MHz)
  • IMU: ICM-20689 (SPI)
  • OSD: Betaflight OSD AT7456E
  • RF: SX1280 (2.4GHz)
  • BEC出力: 5V/2A & 3.3V/0.2A
  • ファームウェアターゲット: betaflight_4.3.0_BETAFPVF4SX1280
  • 2x Uart (1,2)
  • 1x SBUS (RX1 inverter)
  • 1x Softserial_TX オプション
  • 1x 外部 USB はんだパッド
  • 1x CRT  (Current)
  • 1x BUZZ
  • 1x RGB
  • ESC MCU: EFM8BB21F16G
  • 入力電圧: 1-3S LiPo
  • 連続電流: 15A
  • 最大電流 (5秒): 17A
  • ESC ターゲット: Bluejay_S_H_50_48_v0.14
  • サイズ: 37x36x10.8mm
  • 取り付け穴: 25.5x25.5mm (M2)
  • 重量: 5.0g

ExpressLRS について

ExpressLRS は 無線制御アプリケーション用のオープンソースの Radio Link で、これらのプロジェクトはすべて GitHub で見つけることができます。
これは Semtech SX127x/SX1280 LoRa ハードウェアをベースに Espressif または STM32プロセッサを組み合わせたものです。LoRa 変調を使用し、パケットサイズを小さくすることで、クラス最高の範囲と遅延を実現します。高度に最適化された無線パケット構造を使用して実現され、同時到達距離と遅延の利点を提供します。900MHz と2.4GHz の両方のリンクをサポートし、それぞれに利点があります。900MHz は最大200Hz のパケットレートをサポートし、より高い普及率を実現します。2.4GHz の周波数帯の下で、OpenTX システムは驚異的な500Hz をサポートします。

パッケージ内容

  • 1x DarwinFPV ELRS2.0 F411 15A Bluejay AIO
  • 1x アンテナ
  • 1x その他セット (画像6枚目をご参考ください)

こちらもおすすめ

最近チェックした商品