Holybro H-RTK Unicore UM982 (Dual Antenna Heading)


価格:
販売価格¥49,500
在庫:
在庫あり (10個)

説明

Holybro UM982 デュアルアンテナ RTK GPS は高精度の位置情報を提供し、1つのGPSモジュールで自動操縦用の非磁力計移動ベースラインヨー測定を生成できます。

このGPSの最適な用途の1つは、コンパスを使わないYAWを自動操縦装置に提供することです (一般に GPS 方位または移動ベースラインヨーと呼ばれます)。このGPSをヨーソースすると、車両のモーターや電気システムからの磁気干渉や、金属構造物や機器などの環境干渉源が防止され、自動操縦装置に不正確なヨーレポートが使用されるのを防ぐことができます。

これは、GPSが固定RTKステーションまたはNTRIPサーバーからRTCMデータを受信して​​いない場合でも機能します。このデバイスは、Unicore UM982 NMEA GNSS モジュールに基づいており、センチメートルレベルの精度のRTK測位調整、GPS/GLONASS、Beidou、Galileo、QZSSグローバルポジショニングシステムをサポートしています。

磁力計、LED、安全スイッチボタンも搭載されています。また、移動ベースラインヨー決定の有無にかかわらず、RTK補正車両GPSとして機能し、地上制御ステーションにRTCMデータを送信してテレメトリ経由で車両にRTKソースを提供するベースステーションGPSとしても機能します。

Note:ステータスLEDドライバが変更されました。このLEDは、PX4 1.14、ArduPilot 4.4.0 以降でサポートされています。(詳細情報)

特徴

  • デュアルアンテナにより、1つのモジュールだけで移動ベースラインヨー (GPS Heading) が可能
  • 従来のコンパス/磁力計の代わりに使用可能
  • 磁気干渉の高いシステム/環境に最適
  • 優れたRTKパフォーマンス

ヒント: H-RTK F9P-Base または F9P Helical をベースステーションとして使用することをお勧めします。Mission Planner と QGroundControl で簡単に設定できます。現時点では、MPもQGCもUM982を自動的にベースステーションとして設定することはできません。追加の手動設定が必要です。

仕様

製品 UM982
応用
  • ローバー
  • 移動ベースラインローバー
  • ベースステーション(H-RTK F9P Baseをベースステーションとして使用する事を推奨)
コンパス IST8310
GNSS
BDS B1I/B2I/B3I
GPS L1C/A/L2P(Y)/L2C/L5
GLONASS L1/L2
Galileo E1/E5a/E5b
QZSS L1/L2/L5
アンテナピークゲイン(最大) 2dBi
LNAゲイン (標準)
33±2dB
最初の修正までの時間
Cold start: ≤ 30s
Hot start: ≤ 5s
RTK-SurveyIn-Time ≤5 minute @2.0mCEP
データと更新レート

20 Hz Positioning & Heading
20 Hz Raw Data observation

ポート
ポート1: GH1.25 10ピン
ポート2: USB Type-c
ポート3: UART 2 (GH1.25 6ピン)
ケーブルの長さ
GH10P: 150mm
GH10P: 400mm
GH10P~6P:300mm
アンテナ接続タイプ
ボード: SMA メス
アンテナ: SMAオス
ボーレート (調整可能) 230400 5Hz デフォルト
動作電圧 4.75V - 5.25V
消費電流 ~350mA
寸法
ボードサイズ: 34.8x58.9x14.4mm
アンテナ直径: 27.5mm
アンテナ高さ: 59mm
重さ 37.9g​​ (アンテナなし)

ユーザーガイドとダウンロード

パッケージ内容

  • 1x H-RTK UM982
  • 2x High Precision Helical Antennas
  • 2x アンテナマウント
  • 2x SMAケーブル (40cm)
  • 2x 10ピン - 10ピン JST-GH ケーブル
  • 1x 10ピン - 6ピン JST-GH ケーブル
  • 1x 6ピン - 6ピン JST-GH ケーブル

こちらもおすすめ

最近チェックした商品